ダポキセチンの特徴について

ダポキセチンは早漏治療の有効成分として用いられています。元々はうつ病などの疾患に抗うつ剤として使われていたのですが、射精に至るまでの時間が遅くなることがわかり、早漏治療薬として開発、販売されるようになりました。
抗うつ剤として使われていた薬が早漏に有効な理由は、脳内興奮物質である、ノルアドレナリンが関係しています。ノルアドレナリンは、分泌されると交感神経が活発になり、興奮や緊張を高める働きがあります。性行為の際にもこの働きが生じ、性的興奮が高まることで射精に導かれるのですが、ノルアドレナリンの作用が活発になる程、射精の時間も早まってしまいます。抗うつ剤であったダポキセチンには、その作用を抑える効果が認められています。
ダポキセチンは、脳内の興奮を抑える働きがある神経伝達物質、セロトニンの濃度を高める性質を持っています。セロトニンはノルアドレナリンの働きを抑制させる作用があるため、射精を遅らせることができるというわけです。
早漏の方は、セロトニンの働きが活発でない傾向にあるため、射精が早まってしまうと考えられています。ダポキセチンはセロトニンの濃度を高める作用があるわけですから、早漏克服のための有効な治療薬として使用することができます。
効果としては射精に至るまでの時間を3倍から4倍に引き延ばす効果があるといわれています。服用から1時間ほどで血中濃度がピークになり、最大5時間程作用しています。副作用は頭痛、めまい、集中力の低下などが報告されており、その他、下痢の症状が出ることもあるので、万一の脱水防止のために予め水分補給をしておいてからの服用が良いしょう。副作用の報告は1%から10%未満といわれています。ダポキセチンの血中半減期は短くピークに達した後、すぐに排出されていくので安全に使用していけます。
■ダポキセチンが含まれている治療薬
ポゼット
スーパーPフォース
■ダポキセチンも売っています
薬は通販できます

トップページへ