早漏治療薬の中でもダポキセチンを勧めるワケ

ダポキセチンは、男性の性行為における早漏を防止する早漏防止薬に使用されている成分で、 セロトニンの取り込みを阻害させるSSRIと呼ばれる抗うつ剤に使用される成分と同じ働きを持っています。EDとは異なり、早漏には特効薬とされるものがほとんどありませんでしが、現在では、飲み薬や塗り薬などさまざまな早漏に効果があるものが登場しています。ダポキセチンは、これまで抗うつ剤として用いられていましたが、ただ、うつ病の治療のためにダポキセチンを服用していた患者から、射精が遅くなるという声があり、現在では早漏防止薬として開発されるようになりました。ダポキセチンは、脳内物質のセロトニンの分泌を促して、脳の興奮を鎮める効果があります。早漏は性的な興奮が絶頂に達するまで、時間が早いことで起こる仕組みなので、興奮を抑えて脳をリラックスさせることで、絶頂に達するまでの時間を延長させるというものです。使用方法は、性交渉の1時間~3時間前に1錠を服用するだけです。服用後、約1時間で最高血中濃度に達したあとに、速やかに排泄されるため、安全性が高く、副作用も軽度なものが確認されていますが、頻度が高いとはいえません。早漏は、性行為がうまくできないため、悩んでいる男性は少なくありません。女性側も、不満や不安が募ってくるため、パートナーとの関係も気まずくなってしまう原因となってしまいます。早漏には治療方法がいくつかありますが、すぐに効果が現れるのは病院の薬に頼るのが一番です。ダポキセチンは、射精までの時間を長引かせる力をもっているのが特徴で、正しい使い方をすれば、安全な成分で、副作用の心配もほとんどありません。ヨーロッパでは医薬品として認可されていますが、日本ではまだ厚生労働省の認可を受けていないため、ドラッグストアなどで購入することはできませんから、医師に処方してもらうか、個人輸入で入手する必要があります。

トップページへ